· 

食器棚・冷蔵庫収納の秘訣

主婦の多くが気になるのはキッチンの収納方法。

 

なぜなら、キッチンはモノが頻繁に動く場所で、「取り出しやすさ」で

作業効率が大きく変わる場所だからです。

 

一口にキッチン収納といっても、食器棚の収納や冷蔵庫の収納など、

収納スペースもモノもたくさんありますよね!

 

今回は上記の2つのスペースについて、使いやすさや取り出しやすさに着目して

収納を見直してみます。

 

食器棚収納

たとえば食器棚について考えてみます。

 

毎日出し入れするお皿をスッキリ収納しようと、食器棚の中で

収納ケースやカゴなどに収めてしまうと、

 

①扉をあける

②収納ケースを引き出す

③お皿を取り出す

 

という具合に、②の余計なアクションが増えてしまいますね。

 

毎日使うお皿は、収納ケースではなく、「コの字ラック」や「ディッシュスタンド」などで、

動作数少なくサッと取り出せる収納をおすすめします!

「取り出しやすさ」が優先なのです。

 

ですが、わが家では、そんな食器棚の中で、例外的に収納ケースに入っているものがあります。

 

その1、こどもが扱うもの類

 

左から、おべんとうセット・プラスチックのお皿・木のお皿。

 

プラスチックや木のお皿は割れにくいのでこどもでも扱いやすく、おやつの時などは

自分でカゴごと引っ張り出して出し入れできます。

 

まとめておいたら出しやすいようですし、ケースの中に投げ入れてさえいれば、

こどもが雑に扱ってきちんと片付いていなくても気にならないこともポイントです。

 

その2、コップ類

これは単純に、コップ類は並べてしまうと奥のモノが取り出しにくいからです。

 

引き出して、使っています。

 

冷蔵庫収納

次に、冷蔵庫収納です。

 

もちろん冷蔵庫の中身もすぐに取り出せた方が良いのですが、冷蔵庫収納では、

「どこに何がどれだけあるのかわかる」ことを最優先にしています。

 

賞味期限切れをつくってしまったり、二度買い・無駄買いを防ぐためです。

そのために活用しているのが、『収納ケース』と『ラベル表示』です。

 

冷蔵庫ではあえて収納ケースをたくさん使って、ひと目見れば、

まとまっていてあるものがすぐにわかるように、心がけています。

どこに、何がどれくらいあるのか、

すぐにわかるということが、使いやすいポイントになってくるかと思います。

 

 

使いやすい収納をつくって片付けておくことで、家事時間が短縮できます!

時短でラクに家事をこなすためにも、

「取り出しやすさ」を意識してみてくださいね。

 

webサイトで収納記事執筆中。

フォロワーさん1300人以上!

●フリーペーパー「普通の人のすごい事」vol.24

(ズボラ流お片付けで、毎日を楽しく快適に)

●中国新聞朝刊2018.2.27くらし面

(こどももできる!片付け術)

●NHK広島放送局ひろしまコイらじ2018.3.7ラジオ出演

(賢い片付けの方法)

●広島ホームテレビ2018.4.18「みみよりライブ5UP」

(ママの働き方多様化)

 

 

アメブロ更新情報!

だらしなく見えてしまう残念なリビング
>> 続きを読む

すっきりサクサク!ブログ閲覧もスムーズに
>> 続きを読む

3度の食事作りが苦ではなくなるように
>> 続きを読む

クローゼット収納診断チェックポイント
>> 続きを読む

あなた宛の特別なラブレター
>> 続きを読む