· 

2つのポイントを押さえて片付く仕組みづくり

「整理収納とは、単にモノを隠した

しまいこんだり、部屋をきれいに見

せたりすることではありません。

 

現状困っていることや解決したい問題

を改善し、快適に過ごすための「片付

く仕組みづくり」です。

 

「片付く仕組み」をつくるとき、大切

に考えたい2つのポイントがあります。

 

①身体的負担を少なくすること

②ゴールを必ずつくること です。

 

 

 

ところで、 

整理収納のきほん「片付く仕組み」の

概要がわかるステップメールは

もう受け取っていただけましたか?

 

まだの方はぜひこちらを登録されてか

ら続きを読んでみてくださいね!

↓↓こちらをクリック↓↓

①身体的負担を少なくする

 

面倒な片付けは長続きしません。

 

リビングで頻繁に使うアイロンの収納

場所が隣の和室の押し入れだったとし

たらどうでしょう?

 

(明日も使うから出しっぱなしでもまぁ

いいか)と、リビングで出しっぱなしに

なってしまうのです。

 

この場合、アイロンの収納場所はリビ

ングにつくるか、和室でアイロンをか

ける習慣をつけるかの

どちらかに変更することが賢明です。

 

つまり、「使う場所に使うものを」

「使うものは使う場所に」収納スペー

スをつくり、

 

片付けまでの移動動線はできるだけ

短くするように考えます。

 

また、毎日身につけるアクセサリーが

重厚な箱に収まっていたとしたらどう

でしょうか?

 

同じように、毎回しまうのが面倒に感

じてしまい、テーブルや棚の上などあ

ちらこちらに置きっぱなし…

という事態を招きます。

 

箱をあけたり引き出しを引いたり、動

作の数が増えるほどに、よく使うもの

の片付けは面倒なものになります。

 

この場合は、簡単に出し入れできる収

納方法を取り入れます。

 

高いところや低いところも、立ったり

座ったりと身体的負担が増すことを覚

えておきましょう。

そういった場所は、使

用頻度が低いも

のを収める場所になります。

 

②ゴールを必ずつくる

 

①を心がけた場所に、モノが帰るゴー

ルを必ずつくります。

ゴール=モノの住所=定位置です。

 

暮らしの中の細々したもの、例えば文

具であれば、ハサミ1本・鉛筆1本など

全てのモノに

ゴールをつくりましょう。

 

ゴールがあればモノは散らかりません。

たとえ一時的に散らかってしまったと

しても、リセットが簡単になります。

 

ゴールがなければ、行き場のないもの

がなんとなく積み上げられてしまうの

です。

 

ゴールはあるけど、元にもどせないと

いう場合はどうでしょうか?

 

そのときは、①を振り返ってさらに身

体的負担の少ない方法を見直してみて

ください。

 

 

頑張らなくても自然と片付く仕組

みがつくれれば、暮らしは今より

ずっとラクになりますよ!

 

 

 

整理収納サービスでは、あなたのお家

の「片付く仕組み」を整理収納アドバ

イザーがおつくりします!

 

がんばっているのに部屋がなかなか片

付かない、すぐに散らかってしまう、

そんなお悩みがある方はどうぞお気軽

にご相談くださいね!

 

↓↓こちらをクリック↓↓

 

コラムの更新情報はLINE@で

公開中

 

「片付く仕組み」をつくれば片付けに

労力を使うことなく、日々の暮らしが

快適に♪

 

その秘訣も配信します!

 ID検索→@iei7501n

お友達登録よろしく

お願いします♡

●フリーペーパー

「普通の人のすごい事」vol.24

(ズボラ流お片付けで、毎日を

楽しく快適に)

●中国新聞朝刊2018.2.27くらし面

(こどももできる!片付け術)

●ラジオ出演

NHK広島放送局ひろしまコイらじ2018.3.7

(賢い片付けの方法)

●広島ホームテレビ2018.4.18

「みみよりライブ5UP」

(ママの働き方多様化)

 

 

アメブロ更新情報!

片付ける時間も気力もなかった主婦の激変ストーリー
>> 続きを読む

効率のよい片付けや掃除の手順とは?
>> 続きを読む

【12/12ラジオ】年末大掃除を効率よく
>> 続きを読む

お手軽テクニックで簡単にスッキリ感を増す方法
>> 続きを読む

リバウンドしたくない!整理収納の基本3ステップ
>> 続きを読む