洋服管理のコツとわたしの方法

今回は洋服管理について語ってみたいと思います☆



嫁入り道具のタンスを大事に使っているわたしの場合。こちらでアウター以外のオールシーズンの服を収納しています。持ち服も少ないので、衣替えナシです!




さてさて、

衣類は「増えやすく手ばなしにくいアイテム」だといわれています。



そのことを意識しておかないと、好きな服を好きなだけ買い物していたら、どんどん量が増えてすぐに収納スペースから溢れてしまいます。



管理するためには、マイルールをきちんとつくっておく必要があります。



ルールをつくる方法には、

①枚数を決める方法

②スペースを決める方法

の2つがあります。



まずは今所有している服の量を把握してみることが大事です!


《冬》
アウター…○枚(5枚)
セーター(ニット)…○枚(5枚)
トップス…○枚(5枚)
ボトムス…○枚(5枚)
ワンピース…○枚 (5枚)
 《合服》
アウター…○枚(3枚)
トップス…○枚(5枚)
ボトムス…○枚(5枚)
ワンピース…○枚(3枚)
《夏》
トップス…○枚(7枚)
ボトムス…○枚(7枚)
ワンピース…○枚(3枚)
《冠婚葬祭》
スーツ…○着(2着)
ドレス…○着(3着)
喪服…○着(2着)



いかがですか?

当てはめてみると、

持ちすぎているものや、足りないものの枚数が視覚化されてわかりやすくなるのではなるのではないかと思いますよー



いや~もう、把握しきれないほど服がある!って方は、全部着ていますか?今後も着ますか?自分に問いかけて、持ち方を見直してみてくださいね☆



ちなみに、( ~枚)の中はわたしが所有している枚数です。わたしは会社勤めしていないのでスーツなど着る機会はほとんどないです。



必要な枚数は、それぞれの生活スタイルによってちがいますので、自分にとって必要な量はどれくらいか、洗濯やクリーニングの回数なども考慮して割り出していけばよいですね。



必要な枚数を先に決めれば、それ以上は増やさない、もしくは、増やしたら減らすというルールをつくることができますよ。



スペースを決める方法でも、「クローゼット(もしくは引き出しなど)に入るだけ」「決めたスペース以上には持たない」などと同じように、増やしたら減らすというルールをつくることができます!



自分にとって何が必要で何が必要ないか、ハッキリわかるようになるので、衝動買いや無駄買いがすごーく少なくなりますよ♪